危険物乙種1.2.3.5.6類の問題集、過去問題、性質を記載するブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
通常時■■又は■■状態の物質である。   

自然発火性及び■■性の物質である。   

■■以外は水と接触すると■■ガスを発生させる。   

保存は小分けにし、空気には触れさせないようにする。容器は密閉し、冷暗所で換気をよくし保存 。
湿気で発火する恐れがあるので、地面より少し高いところで保管する

カリウムとナトリウムは■■の中で保存させる。   

消化方法は、■■等による■■消火が効果的である。
ただし、■■には注水による消火が有効。※高圧での放水は危険!   


参考になればクリックお願いします。
 人気ブログランキング
スポンサーサイト
第1問

第2類危険物が燃焼時に生成する物質を答えよ。

①マグネシウムが燃焼するとが生成される。
②赤リンが燃焼するとが生成される。
③硫黄が燃焼するとが生成される。

第2問

第2類危険物の物質の性質で正しいものはどれか。←試験に出るかも!

①金属粉は空気中との水分では発火しない。
②硫黄は水に溶けないので、注水での消火は有効ではない。
③赤リンは2類の中でも比較的安定しているため、酸化剤との貯蔵が可能である。
④硫化リンは水と接触すると硫化水素を発生させるので、密栓して保管する。
⑤2類中で融点が高いものは自然発火することはない。


第3問

第2類の危険物の性質で誤っているものはどれか。

①全て可燃性の固体である
②物質自体が有毒なものがある。
③わずかな静電気で着火、爆発する物質がある。
④着火が早く、消火しにくい物質がある。
⑤強酸化剤であり、他の物質を酸化させる。


第4問

第2類の危険物の性質で共通しているものはどれか。

①全て固体と液体の物質である。
②全て水に溶ける。
③化合物と単体の物質がある。
④全て自然発火する。
⑤全て水に溶けたり、燃焼すると水素を発生する。


第5問

第2類の危険物で共通している火災予防のう誤っているものはどれか。←試験に出るかも!

①還元剤との接触は避ける。
②密栓し、冷暗所に保管する。
③水分、静電気などに注意する。
④引火性固体は蒸発させないようにする。
⑤衝撃、摩擦等はあたえない。



参考になればクリックお願いします。
 人気ブログランキング

第1問

第2類危険物の物質の性質で誤っているものはどれか。←試験に出るかも!

①亜鉛粉は水酸化ナトリウムに溶けて水素を発生する。
②三硫化リンは水と反応して硫化水素を発生する。
③硫黄は黄リンと同素体である。
④赤リンは無毒である。
⑤マグネシウムは非常に軽いが、比重は1より重たい。


第2問

第2類危険物の物質の性質で正しいものはどれか。←試験に出るかも!

①五硫化リンは水と反応し、有毒で不燃性の硫化水素を発生させる。
②赤リンは水に溶けるため、注水での消火は有効ではない。
③固形アルコールは密栓せず保管する。
④アルミニウム粉は塩酸に溶けて水素を発生する。
⑤ゴムのり(生ゴムをベンゼンなどで溶かしたもの)は第2類の危険物ではない。


第3問

第2類の保管、取り扱いで正しいものはどれか。

①金属粉は湿気などの少量の水分では自然発火しない。
②酸化剤と一緒に保管したほうが自然発火しにくい。
③金属粉が湿気で固まると発火しやすいので、必ず粉状態にする。
④窒息消火できるものが多いので、乾燥砂を近くに置いておくとよい。
⑤赤リンは水に溶けないので保護液に入れて保管する。


第4問

次の危険物の中で水と反応すると有毒な気体を発生ものはどれか。←試験に出るかも!

①硫黄。
②固形アルコール。
③亜鉛粉。
④赤リン。
⑤五硫化リン。


第5問

第2類の危険物の取り扱い方法で正しいものはいくつあるか。

①赤リンは水に溶けないため、安定して保存できるよう石油につけて保存する。
②発火、爆発の危険性があるため、酸化剤の混入は防ぐ。
③硫黄は水に溶けないため、注水で消火できる。
④マグネシウム粉が燃えると酸素が発生する。
⑤金属粉は通気性の良い容器で保管する。



参考になればクリックお願いします。
 人気ブログランキング

第1問

第2類の危険物の性質で正しいものはどれか。←試験に出るかも!

①第2類の危険物中でマグネシウムだけは比重が1以下である。
②塊状のほうが粉状のものとくらべて着火、発熱しやすい。
③すべて不可燃性の物質である。
④燃焼すると酸素と水素を発生させる。
⑤液体の物質はない。


第2問

第2類の危険物の性質で誤っているものはどれか。←試験に出るかも!

①比重は1より大きく、水に溶けないものが多い。
②全ての物質は酸、アルカリには溶けない。
③可燃性の固体である。
④水に接して有毒ガスを発生させるものがある。
⑤水に接して可燃性ガスを発生させるものがある。


第3問

第2類の保管、取り扱いで正しいものはいくつあるか。

①水と接触すると発熱するものがあるため、必ず密閉し保管する。
②保管場所は常に換気をよくしておく。
③常温時の状態は固体と液体のものがある。
④着火するのが遅いので、保管場所には消火器具を設置しなくてよい。
⑤全ての物質に注水消火が有効である。


第4問

第2類の性質で誤っているものはどれか。

①単独でも爆発する可能性があるため摩擦等に注意する。
②いずれも固体の可燃物である。
③酸化剤と一緒に貯蔵できる。
④燃焼時に可燃性ガスを発生させる物質がある。
⑤換気の良い冷暗所等で保管する。


第5問

第2類の性質で正しいものははどれか。←試験に出るかも!

①固形アルコールは2類で唯一発火性がない。
②燃焼時に硫化水素を発生させる物質がある。
③水に溶けて硫化水素を発生させる物質がある。
④燃焼が早いが、可燃性のガスは発生させない。
⑤還元性はない。




参考になればクリックお願いします。
 人気ブログランキング

硫化リンの性質

第2類の硫化リン物質は3種類あり
三硫化リン、五硫化リン、七硫化リン がある

色、形状     

比重       

融点       



三、五硫化リンについて問われることはよくあるが、七硫化リンの問題は少ない。

危険度は 三>五>七 の順である。

水に接触すると、■■を発生する(有毒の可燃性ガス)。   

■■やベンゼンに溶ける。  これは特に出ます!

消火方法は、■■消火で行い、■■やCo2消火が適している。  


ウィキペディア 硫化リンを参照。→硫化リン

参考になればクリックお願いします。
 人気ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。